佐賀武雄コロナ、店名クラブ[イリュージョン]の30代女性は誰?同居家族は夫と子2人!小城市多久市

佐賀県武雄市 新型コロナ関連

佐賀県武雄市のナイトクラブ店名「イリュージョンに」勤務する小城市在住30代女性ホステスのコロナ感染陽性が判明、 同居する家族に夫と子どもがいることが特定できました。

多久市50代会社員と居酒屋で同伴し感染。

ホステスはだれか、職場の場所や住所、感染経路、濃厚接触者、家族、病院、入院先地域や世間の声を調べてみました。

「下に続きます・・・・」

仙台大学20代学生、コロナ陽性自宅待機と嘘つきガールズバーに友人も感染

佐賀県小城市30代女性ホステスコロナ感染

県は多久市の50代男性が新型コロナウイルスに感染したことが確認されたと発表しました。男性は先月30日以降県外に出ておらず、県が詳しい感染経路を調べています。

県内で18人目となる感染が確認されたのは多久市に住む会社員の50代の男性です。県によりますと男性は今月15日以降、せきや熱が出て、その後39度9分まで上がり、医療機関を受診。22日感染が確認されましたが今のところ軽症だということです。男性は今月11日に、知人と武雄市内の居酒屋やナイトクラブに行った後、1人で3つのラウンジやスナックに足を運んでいました。
県は同居する家族や職場の同僚のほか、知人やナイトクラブの女性従業員ら合わせて10人の検査を進めています。

男性は先月30日以降は県外に出ておらず、県は今月11日に感染した可能性が高いとしていますが、現段階で詳しい感染経路がわかっておらず県が詳しく調べています。

佐賀ニュースより引用

武雄市クラブ「イリュージョン」30代女性は

  • 名前:不明
  • 年齢:30代
  • 性別:女性
  • 職業:ホステス
  • 勤務先:ナイトクラブ「イリュージョン」
  • 勤務場所:佐賀県武雄市
  • 在住:佐賀県小城市
  • 同居家族:夫(40代)、子ども(10代)、子ども(10代)[子ども2名]
30代女性の行動歴
  • 4月11日(土):多久市男性と同伴出勤
  • 4月12日(日):自宅
  • 4月13日(月):自宅
  • 4月14日(火) :自宅
  • 4月15日(水):出勤咽頭痛(15日以降継続)
  • 4月16日(木): 自宅
  • 4月17日(金):出勤
  • 4月18日(土):出勤
  • 4月19日 (日): 自宅
  • 4月20日(月):出勤
  • 4月21日(火): 出勤
  • 4月22日(水): ウイルス検査の結果、コロナ陽性を確認
  • 4月23日(木): 県内の感染症指定医療機関に入院 咽頭痛

第17回佐賀県新型コロナウィルス感染症対策本部会議、感染者(19例目)の概要 より引用

コロナ感染、30代女性ホステスの顔画像は

コロナ感染陽性が判明した30代女性ホステスの顔画像についてはどのメディアでも現在のところ公表はされていませんでした。

しかしホステスという職業柄ネットなどで顔画像が掲載されているかもしれません、現在検索中です。

判明しましたら追記します。

コロナ感染30代女性ホステスは小城市在住

佐賀県でコロナ感染したホステス30代女性は小城市に在住しています。

佐賀県小城市 (さがけん おぎし)

30代ホステス女性が在住しているのが小城市、客の50代男性は多久市(たくし)、感染場所となったクラブ 「イリュージョン」 があるのは武雄市(たけおし) です。

熊本人吉コロナ「球磨病院」70代医師、コロナ疎開でクラスター爆発

場所は、ナイトクラブ店名「イリュージョン」

佐賀県でコロナ感染したホステス30代女性が勤務するナイトクラブ「イリュージョン」がある場所は、

佐賀県武雄市武雄町富岡7840-3 エタニティビル5F ( さがけん たけおし たけおちょうとみおか )

最寄り駅は「 武雄温泉駅 」、エタニティビル内には飲食店やナイトクラブやガールズバーなどの店舗が複数入居しています。

50代の男性は武雄市内の居酒屋やナイトクラブに行った後、1人で3つのラウンジやスナックに訪れていると報道がありました。

お酒を飲んでからのはしごは車で移動たりせず近くのお店を訪れるのではないかと思われますので、もしかするとクラブ「イリュージョン」と同じビル内の別の店舗に訪れている可能性もあるのではないででしょうか。

  • 武雄市のクラブ「イリュージョン」は武雄温泉駅の近くのスナック街にあるところですね。
佐賀県武雄市
  • 地方 : 九州地方
  • 都道府県:佐賀県
  • 総人口:47,949人
  • 人口密度 :245人/km2
  • 隣接自治体 :多久市、唐津市、伊万里市、嬉野市、杵島郡白石町、大町町、西松浦郡有田町
  • 長崎県東彼杵郡波佐見町

武雄市コロナ感染、 30代女性勤務先の対応は

50代男性がコロナ感染陽性と判明し、濃厚接触者となったナイトクラブイリュージョンの従業員やコロナ陽性が判明した30代ホステス女性と同居する家族など20数人のウイルス検査を、23日に行っています。

30代女性がコロナ陽性判明しているので店は消毒するのではないかと思われますが、今後も営業を続けるのでしょうか。

ホステスは営業形態が3密になるということで自粛を求められて臨時休業している店がほとんどですが、店が休みになれば1円も手元に入ってこない状態になってしまいます。

もちろんホステスは社員ではありませんから職を失っても失業保険などの補償もありません。

ホステスという職業できちんと給与申告をせず税金も払わず働いている人も多数いますので貯金があれば休んでられますがこんな時でも出勤しているようなホステスはお金もないのではないでしょうか。

佐賀県は4月22日から5月6日までの間、バー、スナック、クラブなどに対する休業要請、また、居酒屋、飲食店などに対する時間短縮営業、具体的には夜8時から朝5時までの営業休止の要請をしていますが、あくまでも要請で強制できません

国からの10万円もまだ届くには時間がかかりますし、国も自粛を求めているだけですから今後も店を営業する可能性は十分あると思いますね。

仙台大学20代学生、コロナ陽性自宅待機と嘘つきガールズバーに友人も感染

国が払えと言えない分自分で稼ぐのはいいですが、このコロナ感染拡大を抑えることが重要な時期に周囲や世間にとったら本当の命取りになる迷惑でしかない行為です。

コロナ感染、30代女性の夫と息子も感染か

小城市在住の30代女性には同居する家族がいると報道されましたが家族の詳細が判明しました。

なんとクラブ「イリュージョン」勤務のホステス30代女性同居する家族とは、夫と2人の息子でした。

コロナ感染小城市30代女性の同居家族
  1. 夫 40歳
  2. 子 10歳代
  3. 子 10歳代

家族はすべてPSR検査の結果陰性でした。

30代女性ですから未だ独身でも不思議でもなく「30代でホステスをしているならバツイチなのでは」などとネット上で推測がされていましたが。

30代女性は既婚者で、夫が居て10代の子ども2人と同居していたということが佐賀県の報告で発覚しました。

夫は自分の嫁をホステスとして働かせて平気だったのでしょうか、しかもナイトクラブがコロナ感染リスクが高いと言われている最中でもあります。

子どもも10代なら奇麗に身なりを整え夜出ていく母親に違和感を感じていたでしょうし、子どもたちが起きる頃に酔って帰ってくることもあったのではないかと思います。

複雑な家庭の事情がありそうですね、もしかしたら夫が働いていないか、体調を崩していて働けない状況でだったり、

コロナ感染のリスクがあろうと10代の子ども2人を育てるためにはホステスとして働かなくてはいけなかったのかもしれませんね。

ですがナイトクラブで働いていた以上コロナ感染は自業自得であり、家族を大切に思うのだったら家族全員の命の危険を考え他の職を見つけるなど安全な仕事に就くべきでしたね。

ホステスは他の仕事に比べて自由が利きますし給料も良い仕事だとは思いますが、なかなか夫が居て、10代の子どもがいる母親がやる仕事ではないですから、そもそも男好きなのかもしれませんね。

福島県いわきコロナ40代男性は誰?感染中に息子を登校させるバカ親

夫の収入が低く子どもを育てるのに十分な稼ぎが無かったりすれば、ホステスで男と飲むのは仕事だからと言われれば夫も強く止めることが出来なかったのかもしれません。

自分がコロナ感染によって体調を崩して働けなくなったり、亡くなってしまったら子どもを育てようと思い働いていたことは全く持って裏目に出てしまう行為でもあり、感染を広げていた場合周囲からは非難の目が向けられるの避けられません。

家族が陰性で、30代女性も軽症のようで早く治ることを願いますがコロナになってしまった事が周囲に分かれば、コロナ感染の差別だけでなく父親が居ながら母親がホステスをし同伴していたなどと知れ渡り、特に子どもたちが地元に居づらくなってしまわないか心配ですね。

コロナ感染ナイトクラブ30代女性へ世間の声

佐賀県でコロナ感染したホステス30代女性が勤務するナイトクラブ「イリュージョン」や50代男性に対し世間の声は

武雄市男性コメント
武雄市男性コメント

50代男性この時期に飲み歩いて、30代女性に感染させて迷惑をかけるとは。 エタニティビルが営業してたのもどうかと思うが自粛を守って飲みに行かなければよかったものを。働いてるほうも何考えてるんだ?感染を広げる意味でも辞めたほうがいいけど自分の身の危険は考えないのか?

40代会社員男性
40代会社員男性

ホステスが感染源なのか50代男性なのか、ホステスは無症状だったとしたら感染源がどっちか分からないよね。もしホステスから感染してたとして男性の同居の母親に感染させて亡くなったりでもしたらどう責任取るんだろう。感染して働いてたなんてまさにナイトクラブクラスターだよね。

仙台大学男子学生、感染中にアルバイトに友人達とガールズバーへ!

佐賀県在住女性
佐賀県在住女性

客の男性や会社の人も検査されることになったら嫁とか家族にバレて、地元ではすぐに誰か特定されちゃうよね。こんな時に飲み歩いてたバカ男だって周囲に白い目でみられるのは間違いない。
田舎はすぐに分かるよ~ある意味コロナに感染するより、感染したことで周りから村八分になって住んでいられなくなるほうが怖い。 30代でホステスとかそれもバレたら恥ずかしいかもね。だからこそ責任ある行動をしたほうがいいよね。

コロナ感染、30代女性ホステスの濃厚接触者は

佐賀県は小城市30代女性ホステスがコロナ感染陽性が判明したことを受け
第17回佐賀県新型コロナウィルス感染症対策本部会議を開催しました。

コロナ感染陽性の18、19、20例目について

  • 18例:多久市在住50代男性(同伴相手)
  • 19例:小城市在住クラブ「イリュージョン」30代女性ホステス
  • 20例: 夜の関係勤務(その他不明)

「19例目、30歳代、女性、小城市の方ということでありますけれども、この方は昨日18例目の方の要注意接触者としてウイルス検査をした結果、陽性が確認されました。すなわち、4月11日の夜に食事をした後に19例目さんのナイトクラブのほうで一緒におられたということであります。

19例目さんのご家族のほうにつきましては、濃厚接触者としてPCR検査を行いましたけれども、全て陰性ということであります。

クラブ「イリュージョン」の皆さんに感謝申し上げたいと思います。やはり告知していただいたことで、感染拡大防止に多くの協力をいただきました

さらに、念のために18例目の方の関係の5名について、運転手さんだとか、クリニックさんだとか、そういった方については念のためさらにPCR検査をかけることといたしております。

18例目、19例目さんもそうですけれども、我々のミッションは 、我々の要請に応じて入院していただくこと。そして、できる限り経路についてお話しいただくことです。

現在20例目の方は県内の感染症指定医療機関に入院していただくことができました。

夜の外出につきましては自粛していただくために、4月22日から5月6日までの間、バー、スナック、クラブなどに対する休業要請また、居酒屋、飲食店などに対する時間短縮営業、具体的には夜8時から朝5時までの営業休止の要請を行っております。

第17回佐賀県新型コロナウィルス感染症対策本部会議より引用

緊急事態宣言が出て一番最初に営業自粛を要請された営業形態が3密になってしまうナイトクラブやバー、居酒屋も含まれます。

コロナ感染、30代女性入院した病院はどこ

今回感染が確認された佐賀県小城市の30代女性ホステスはどこの病院に入院するのでしょうか。同伴した50代男性も含め佐賀県は入院のお願いをしていますが、今現在は今後の30代女性の対応は決まっていません。

佐賀県には感染症指定医療機関が5棟あります(第一種感染症指定医療機関、第二種感染症指定医療機関含む)

  • 地方独立行政法人 佐賀県医療センター好生館
  • 国立病院機構 東佐賀病院
  • 唐津赤十字病院
  • 国立病院機構 嬉野医療センター
  • 伊万里有田共立病院

現在病院の特定はされていませんが、感染者のプライバシーへの配慮から病院名は公開されない可能性もあります。

ですが、感染拡大を最小限に抑える観点からも一番近い病院となると予想した場合、小城市から一番近い「地方独立行政法人 佐賀県医療センター好生館」になるのではないでしょうか。

小城市からは車で約10分の距離になります。

嬉野医療センターに勤務する事務員も感染

客と従業員合わせて、2人の感染が確認された武雄市のクラブで、23日、新たに従業員と客、合わせて7人(従業員5人、客2人)の感染が確認されたと佐賀県が発表した。集団感染のうち1人が嬉野医療センターに勤務する事務員であったことも判明した。24日から外来診療を休止する。

合わせて9人の感染が確認されたのは、武雄市の「クラブ イリュージョン」。山口知事は「極めて厳しい状況」との認識を示した。

県内では初のクラスター発生。

佐賀のニュースより引用
クラブ「イリュージョン」で集団感染
  • 従業員と客、合わせて7人(従業員5人、客2人)
  • 1名は嬉野医療センターに勤務する事務員

国立病院機構嬉野医療センターは事務員のコロナ感染陽性をうけて外来を中止しました。

事務員とはいえ医療従事者ですし、このコロナの影響が出ている医療現場を目の前で見てきたはずですが危機感が無さ過ぎますね。

しかも嬉野医療センターは 感染症指定医療機関病院です、その病院に感染者が出て思わぬところから院内感染を拡大させていたら、病院としてはなんともバツの悪い出来事ではないでしょうか。

言わなくても分かることだと思ったのでしょうが、医療従事者に対し病院は感染リスクがあるところに行かないなど医療従事者が感染源になってはいけないときちんとしたマニュアルや説明をし念押すべきでしたね。

都心でナイトクラブの他にラウンジ、スナックやバーも臨時休業しています、未だ地方では営業されているところも多数あるようですが、お店が営業していれば人も集まりクラスターも起きてしまうと思われますね。

要請という強制できないものですので今後も営業する店があれば感染者が増えて行ってしまうのか今後いっそうの波紋が広がることは間違いないでしょう・・・・続く

コメント