ブロードリンク榊彰一社長評判が衝撃!内部告発[HDD転売流出]おかざり社長賠償請求前に辞任逃げ

sakakisyouiti 事件・事故

HDD転売、情報流出事件で逮捕されたブロードリンク元社員高橋雄一容疑者が出品した記憶媒体が3904個もあることが発覚。

ブロードリンクは記者会見を行い謝罪し今後の対応として社長の榊彰一は辞任することを発表しました。

さかきしょういち社長のプロフィール、評判、社内からの告発、損害賠償などについて調べてみました。

ブロードリンクHDD流出事件

個人情報を含む大量の行政文書が記録された神奈川県庁のハードディスク(HDD)がネットオークションで転売された問題で、HDDの処理を請け負ったブロードリンク(東京都中央区)の榊彰一社長が9日午後3時から、問題の発覚後初めての記者会見を開いた。

 この問題をめぐっては、同社でデータ消去を担当していた元社員の高橋雄一容疑者(51)=懲戒解雇=が、神奈川県とは別のHDDを盗んだとして逮捕された。

 同社は社内調査の途中経過をまとめた資料を配布。それによると、高橋容疑者が入社した2016年2月以降、同容疑者がオークションに出品して落札されたものは7844個で、このうち記憶媒体が3904個あったという。

 榊社長は会見の冒頭、「このたびは重要なデータ流出で多大なるご迷惑とご心配をおかけしましたことを、心より深くおわび申し上げる」と謝罪。再発防止策を講じた上で、社長を辞任する意向を明らかにした。

 さらに、9日午前には「(転売された)HDDを購入したかもしれない」という連絡が同社に複数寄せられたことも明らかにした。専用ダイヤルを設け、情報提供を呼びかけるという。

朝日新聞
  • 2016年2月以降出品して落札されたものは7844個
  • このうち記憶媒体が3904個
  • 榊彰一が謝罪役員5人と記者会見
  • 再発防止対策後、榊社長は辞任すると発表
  • HDDを購入した人に情報提供を呼びかけ

記者会見では髙橋雄一容疑者以外の持ち出しは無いなど言い切っていましたが、果たして本当でしょうか。

高橋容疑者は会社から盗みヤフーオークションやメルカリで出品販売しており、その総数は 7844個 もあります。

盗み始めたのは入社して一か月という間もないうちから高橋容疑者は「簡単にできる毎日盗んだ」と言っており窃盗を常習化できる程セキュリティが甘かったとしか考えられません。

窃盗する者が一番悪いのはごもっともで、高橋容疑者の場合は自分の小遣い親の介護のために盗みを働きました。

しかし、これがもし悪用するために情報が欲しいと企んだ者だった場合でもこの管理体制だと簡単に盗み出すことが出来て内部から情報を取ることも可能だったという事です。

いろいろな前提のもと情報を守りセキュリティ対策をするべきだったのは会社であるブロードリンクの責任だと言う意見がネット上で物議をかもしています。

今後どれほどの情報流出があったのか解明されていくと思いますが、流出は膨大でまだまだ不安な日々を過ごすことになるのではないでしょうか。

ブロードリンクの再発防止や、今回の被害にあった人たちへの損害賠償や今後の対応も気になるところですね。

榊彰一社長プロフィール

ブロードリンク株式会社代表取締役社長、榊彰一。

sakakisyouiti
  • 名前:榊 彰一 (さかき しょういち)
  • 年齢:48歳
  • 生年月日:1971年生まれ
  • 学歴: 神戸大学農学部卒業
  • 職歴: 朝日生命保険相互会社・ ㈲イーリンクシステムズ設立・現ブロードリンク株式会社設立

大阪で育ち小中学生の頃は勉強せずとも満点がとれるような頭脳の持ち主だったそうです。

高校入学のときは成績優秀な子が集まる学校でトップはとれず友達を遊ぶのに夢中になってしまい1年浪人し大学入学。

1年独学で勉強し合格したそうですが、神戸大学農学部は偏差値は64 、独学で合格したのなら凄いですね。

しかし偏差値や学歴などの頭の優秀さと、道徳や責任感というのは比例するものではないのですね。

ブロードリンク榊彰一社長の評判

このHDD転売事件が起きる前から会社ともに社長の評判はネット上の掲示板や転職サイトなどに驚きの内容が書き込まれていました。

「榊社長は、毎日パリッとしたスーツを着て身なりにはとても気を遣っていらっしゃる、しかし内情を知る側としては完全に化けの皮を被っている印象、営業や管理職に対しては かなりアウトな発言をされていらっしゃるのを度々耳にします。」

「 かなり疑り深い方、一度疑念を抱かれるとスパイ呼ばわりし徹底的に詰める、管理職で辞めた方はほぼ全員スパイ呼ばわりされ、プライベートでも接触を禁じられます」

「少なくとも社長に魅力を感じて働いている人間は一人もいない」

「病気で休暇を取った出社後社長から呼び出しを受け「次病欠したら自己都合で辞めてもらう」との脅しとも受け取れる言葉を言われ、その後も延々と罵倒されたました。こんな人の元では健康で文化的な生活は営めないものと判断し退職しました。 社長、見てらっしゃいますか、あの時の汚い言葉は一生忘れません。 人を人とも思わない発言はそろそろお控えになられた方が宜しいかと思います。 」

「社長のワンマン経営、超個人主義」

「日々社長から言葉のパワハラを誰かしらが受けている」

「クビにしたい社員に対して、無理な環境への異動を命じて自主退職にもっていこうする、辞める際には、同業への転職を禁止する誓約書を書かせられ、せっかく身に付けた経験を活かせないやり方は間違ってると思います」

「設立して10年以上たつのにベンチャー気質が抜けない」

「社長は白ジャケット、白パン、こんがり焼けた肌、意識高い系、高級車を乗り回している。人員が足りないのに補充もせずリゾート事業でバリの次にハワイ行きまくってるらしい 」

記者会見でやっと姿がテレビで拝見できましたが、こんがり色黒でしたね。

社長という立場は嫌われるものですが、それにしても擁護するようなコメントはひとつもありません。

「社員同士は仲良く働きやすい」という口コミは多数ありましたが「仕事に対する責任感がない人が非常に多い」「責任を持ちたくないので意見を言わなかったり、何かあっても責任逃れをしようとする人は多い」と口をそろえて書かれています。

「役員や上司も社長の顔色を伺うような人ばかり」という意見もあり、社長の機嫌でクビになるのを恐れて誰も社長に強く発言できる人はいなかったのかもしれませんね。

記者会見でも業務内容の説明の時など、役員たちは誰も榊社長に話しかけることもなく視線を確認するだけで社長と言葉を交わすことはなかったです。

先頭を切って事業は拡大し業績は伸ばしてきたようですがセキュリティ含め業務の把握はしてなかったのかもしれませんね。

榊社長の口からは謝罪の言葉はでましたが、仕事はワンマン会社の中身はスカスカと言われる背景が記者会見でも浮かび上がっていたような気がしますね。

ブロードリンク社員の告発

今回の事件で出品して落札されたものだけでも7844個。

高橋雄一容疑者が自宅に持ち帰り出品されていないものもあると考えると、それ以上の数のものが会社から持ち出されたという事になります。

会社が破棄処分するべき相当数の依頼された品物が紛失したというのに、本当に今の今まで誰も気づかず疑うことも無かったなどと言うことがあるでしょうか?

榊社長がこの数年間これだけの紛失があったにもかかわらず会社の管理体制や人事について把握していないというのも問題です。

5チャンネルではブロードリンクに勤務していたという女性が投稿した内容で今回の事件だけでなく他にも横領や横流しのもみ消しの体質があると指摘しています。

「横流しは昨年に起きた生産物流本部本部長の巨額横領事件もほとんどのセンターメンバーが認識していたにもかかわらず、黙認していたという事実までありました。 私もその内の一人でしたが、、、噂では今その本部長は何のお咎めも受けず別の場所で事業をしているらしい」

「 テクニカルセンターの管理体制の甘さ、会社のモラルの低さが今回の事件の最大の要因」

「今回たまたま発覚したが、毎月のように端末の紛失等による情報の漏洩は起こっていましたし、それを揉み消してきました。受領書、データ消去証明書の虚偽報告も当たり前のようにやってきました。産廃では、積み替えの許認可を持ってないのに積み替えもやりましたし、マニュフェストも虚偽の記載は普通にやってます。他の業者は知らないですが、ブロードリンクの現場では当たり前のようにやってます。 」

このコメントの事実確認は出来ていませんが、噂程度というよりは元社員、現社員という人たちが次々と今回の事件を皮切りに告発しているように感じますね。

勤務経験がないと分からない内容や、横領した社員の人をイニシャルで名指ししている投稿も出てきていて、勤務していると思われる人同士は(あの人)という事が分かりあっているようです。

ブロードリンクは叩けば叩く程ほこりが出てくるように思われます。

今の時点でも史上最悪の情報流出なのですが、もはや個人情報などあってないような状態で拡散されているかもしれませんね。

中にはこの事件の前から会社のこの事態を不安視し退職していた人の口コミでは、

「 適当にやっても許されます。 将来性がありません。10年後、20年後、と考えたら他に行く方が賢明です。外見はしっかりしているように見えて、中身はスカスカ、そんな会社です。(20代前半ブロードリンク正社員)

隠蔽というよりもはや会社ぐるみで転売、横流しをしていたともとれる告発もありました。

「ブロードリンクは中間処理業もやってるんですが、処理場も狭く人手も少ないので取引先から回収した産業廃棄物をパソコンの処理を行うテクニカルセンターに運んでそこで重量を測ってマニュフェストに記載して報告する事が多々あります。
あと、それをまた中間処理場に運ぶのではなくそのまま雑品を買い取る業者にそのまま売却するケースもかなりあります。社員の人たちに聞くと本当はダメだけど産廃業者はよくやってる事だし取引先も黙認してるから大丈夫だと言ってました。 」(ブロードリンク勤務女性)

この話だとデータ処理を頼んでいる取引先が黙認してブロードリンクにHDDや機材を業者に売ろうが、データを消さず捨てようが転売しようが黙認しているようにもとられます。

取引先の企業や官公庁はブロードリンクに処理を依頼する際、代金を支払い頼んでいるわけですから、普通に考えて取引先が黙認しているなんてありえるわけがないと思いますよね?

自分の会社の命ともなる情報を転売していいなど、自分の会社が損をするような事を誰が言うでしょうか?

今回のことが発覚するまで、得をしていたのはブロードリンクだけです。

取引先から正当な処理の代金をもらい不正に処分し騙し、社員には過酷な労働をさせ残業代も出さず、管理を怠り横流しも見て見ぬふりして黙認。

最悪な状況で私腹を肥やしていたのは榊彰一社長ではないでしょうか。

ブロードリンク榊彰一社長辞任

榊彰一社長が再発防止対策後に辞任という発表を受けてネットの掲示板には、「 沈みつつある船から船長が一番に逃げ出すシーン」「 この会社は廃業以外にありえない 」などと言われています。

政治家のように自分がしてしまった失敗を改めますの一言で辞任しないのもどうかと思いますが、辞任をすれば自分がした大きなミスを逃れられるというわけではありません。

再発防止対策をと言っていましたが、二度との前にブロードリンクにまた依頼しようと思う企業や官公庁は無いのではないかという世間の声が大半です。

事件としては窃盗、情報流出で会社の管理の甘さという点ですが、今回はその流出した内容があまりにも膨大で重要な情報です。

これは一概に「情報流出しました、謝罪します」で済む話なのでしょうか、被害者はもはや国や全国民レベルです。

この被害状況を本当に榊彰一社長は理解しているのでしょうか、決して辞任だけで済むような話ではないと思います。

出品され販売されたHDDの回収をすると言っていますが、一度外に出てしまったものはいくらでもコピーできます、戻ってきたとしても情報が守られたとはもう言えないのではないでしょうか。

防衛庁はブロードリンクと取引停止

このたび、株式会社ブロードリンク(法人番号:5010001122597)により、同 社の社員が、同社においてデータの処分と廃棄を請負ったハードディスクを不 正に転売し、神奈川県庁の行政文書の流出を招いたとの公表がありました。 このことから、防衛省としては、現下の管理体制にある同社を防衛省の契約 の相手方とすることは不適当であると認め、本日、令和元年12月9日(月)か ら令和2年9月8日(火)までの9か月間、同社に対して指名停止の措置をとる こととし、契約を行わないことと致しましたのでお知らせします。

防衛装備長ホームぺージより引用

再発防止を講じると記者会見で謝罪したブロードリンクですが、その発言だけでは信用されなかったのでしょう、素早く防衛庁はブロードリンクとの取引を停止しました。

防衛庁の情報が漏洩すれば日本国内での犯罪どころか国ごと他国に奪われかねません、早急な対応でよかったですね。

防衛庁ならば今後はHDDを戦車で踏みつぶし物理的に再生不可能にしていくのが安全ではないでしょうか。

リース品だったらそうもいかないのでしょうがデータ管理はどの官公庁、企業とも処分は最後の最後まで目視で確認してもらいたいものですね。

事件の進捗や情報が入り次第、追記したいと思います。(続く・・・・)

コメント