田村淳らもったいない擁護派はバカ!大阪市堺市立堺高校給食持ち帰り男性教師は誰?顔画像は?

事件・事故

大阪府堺市堺区立酒井高等学校で60代の男性教諭が給食を自宅に持ち帰ったとして処分されました。

男性教師の「もったいないと思った」というコメントに擁護する声が多く上がっています。

給食持ち帰りの処分は妥当なのか、男性教師の名前、顔画像、Facebook。高校の対応について調べてみました。

廃棄給食持ち帰り事件

大阪府堺市の市立高校に勤めていた60代の男性教諭が、4年間にわたり廃棄予定だった給食のパン(約1000個)と牛乳(約4200本)、総額約31万円分を自宅に持ち帰っていたとして、減給3ヶ月の懲戒処分が下されたことを、産経新聞、共同通信などが伝えた。教諭は同日付で依願退職。持ち帰ったパンと牛乳の実費額を堺市教育委員会に返還したという。両報道によると、今年6月に匿名の告発文書が届き発覚。堺市教育委員会が調査していた。教諭は2015年から夜間定時制の高校で給食指導を担当。「廃棄するのがもったいないと思った」「用務員が廃棄する手間を少なくしようと思った」と持ち帰った動機を話したという。

この報道を受けて、ネット上では「誰の損害にもなっていないのになぜ?」「廃棄するなら持ち帰って食べる方が良い」「ルールから外れたら全て悪とする管理職の思考はロボットみたい」「処分すべき事案ではない」などと、堺市教育委員会の処分に対する疑問の声や男性教諭を擁護する声で溢れている。

教師は誰?

  • 名前:不明
  • 年齢:60代
  • 性別:男性
  • 職業:堺市立酒井高校教師
  • 担当:定時制課程の給食担当
  • 懲戒処分: 減給3ヶ月

給食の持ち帰りの件で3カ月の減給処分となりました。

教諭は持ち帰ったパンと牛乳相当額の約31万円を市に返還することを自分から申し出て、市も受け取りました。

教諭は処分を受けた同日に依願退職しています。

学校は大阪府堺市立酒井高等学校

場所は大阪府堺市立堺高等学校

大阪府堺市堺区向陵東町1丁10−1( おおさかふ さかいしさかいく こうりょうひがしまち )

南海高野線の百下鳥八幡駅と三国ケ丘駅の中間にあり、どちらの駅からも徒歩5分ほどの場所にあります。

堺高校は、全日制と定時制があります、男性教諭は定時制課程の給食担当でした。

給食持ち帰り禁止の理由

文部科学省の学校給食衛生管理基準「残食・残品」の規定では、

  • 児童生徒に対して,パン等の残食の持ち帰りは,衛生上の見地から禁止することが望ましい。
  • パン,牛乳,おかず等の残品は,全てその日のうちに処分し,翌日に繰り越して使用しないこと。

市の教育委員会も上記の内容を毎年、各学校に通知をしているので、この男性教諭も持ち帰りが禁止されていることは把握していたはずです。

廃棄処分が決まっていた食品のため窃盗とはならないと判断されましたが、「ルールに違反した非違行為」として減給の懲戒処分にすることが決まりました。

市教委教職員人事課の志波政宏・課長補佐は「 文科省が持ち帰りを禁止するルールを作っている以上、それと異なることをするわけにはいかない」

「昔は余った給食を持ち帰っていましたし、私が学生だった数十年前は同じ学年の子どもが休んでいたら持って行ってあげたり、持ち帰ったりしていました。しかし、文科省が持ち帰りを禁止するルールを作っている以上、それと異なることをするわけにはいかない」とコメント。

厳重注意や指導にとどまらず、処分となった理由として文部省が決めた規定が基準になりました。

給食持ち帰り31万円分

男性教師は2015年からパンや牛乳の持ち帰りをはじめ、処分が下されるまでに持ち買った給食の金額は31万円分になりました。

男性教師を擁護する声が多く上がっていますが、ルールを違反したことは間違いなく男性教師本人も禁止されている行為をしている自覚はあったからこそ返金をし依願退職を申し出ています。

給食の持ち帰りは禁止されていると分かっていながら持ち帰った数としては、あまりにも長期間で数も多いですね。

男性教師は「もったいない」と思って持ち帰ったと話していますが、食品ロスが勿体ないと思っていたのなら国や文部省に解決策を提案するなど他に方法を考えるべきでしたね。

男性教諭は「用務員が廃棄する手間をなくしたかった」とも話していますが、その用務員にかばんや発泡スチロールの箱に保管して準備させていたわけですからそれも苦し紛れの言い訳に聞こえますね。

給食の食べ残しで廃棄するものとありますが、これが他の物だったとしても同じことが言えるでしょうか。

区で費用が賄われている学校の物を教師という立場を利用して自分の判断で私物化することは許されません。

匿名の通報があり発覚したわけですが、その匿名の人物や用務員の人からしたら「もったいない」の域を超えて「意地汚い」「私腹を肥やしている」と目に余ったのではないでしょうか。

用務員さんからしたら片棒を担がされていたわけです、いい気分はしないですよね。

食品ロスを出し勿体ないと思う感情は誰も否定しないと思いますが、文部省のルールも無視し個人で勝手に持ち帰ったことは処分に値することです。

どこの会社でも、社会の中でも、決められたルールを自己勝手な価値観で曲げていたらルールによって守られるべき安全を犯していることになります。

男性教諭を擁護し「処分されるべきではない」など発言している人は、そういった決まりを理解していないですね。

自分が良いと思えば何をしても許されるのでしょうか、擁護している人は国や市の税金を支給されるべきではない人が私物化したり、

自分が購入して処分したものを他人が拾って使っていても「もったいないから、良いことだ」と思えるのでしょうか。

今回は男性教諭が持ち帰り自宅で食べていたわけですが、持ち帰られることを容認していたら飲食店の材料にされていたり転売されて誰かの利益になっていた可能性もあります。

それでも擁護する人は「給食の余りは勿体ないからをどんどん持ち帰って食べるべきだ」と言えるのでしょうか。

給食持ち帰りに対するネットの声

給食持ち帰りについて擁護する人は多く、処分について疑問を感じるという意見を多く目にすると思います。

田村淳さんもその一人です、悪いことだと気づいていないんですね。

食品ロスをなくすことは大切ですが、人のお金で買われたものを禁止されているのにもかかわらず勝手に持ち帰っているのですから、処分もされていますし悪いことなのは明確です。

食品ロス対策と男性教師がしたことはイコールではありません、別の話です。

擁護する意見が多いですが、「処分されるべき」という意見がないわけではありません。

5チャンネル掲示板に寄せられた意見では、

処分されて当然擁護してるやつは論点分からないバカ

やっていることは乞食

教師という職権を利用し、他人の税金を無許可で自分の物にしているのと同じ

ツイッターでも給食持ち帰りの男性教師の処分に対し「処分は妥当」と言う意見も出てきています。

給食の食べ残しという食品の廃棄という点で話の論点がずれてしまいがちですが、他人の物なのです。

公務員である教師が、区から支給されたものを勝手に自分の物にして持って帰ることは処分されるべきことです。

「給食の食品ロスをなくすべきだ」で「もったいない」ということに対しては共感したり、改善するべきだと言うのは良いと思いますが、男性教諭を擁護するべきではありません。

男性教諭を擁護しているバカ芸能人、バカ議員

三田のぼる八千代市議会議員(無所属・無会派)

議員ともあろう人が国で定めたルールも理解できないでのでしょうか。

国のルールに対し甘い考えをもち物事の論点を分からない人を議員にしておいて、千葉県八千代市は税金を私物化されないといいですね。

余ったからもったいないと税金を懐に入れても市民に許されると思っているのでしょうか。

星田英利(ほっしゃん)

2012年にほっしゃんは尾野真千子の不倫がフライデーによってスクープされました。これによって一度奥さんと離婚に至っています。

結婚制度の中で不倫は良くないことですが、ルールよりも自分の気持ちを優先していたという人です。

給食の廃棄する食品の持ち帰りは禁止されていると聞いても、自分が勿体ないと思った気持ち優先で何が悪いのか理解できていないのですかね。

春名風花( はるな ふうか)


高樹 沙耶( たかぎ さや )

高樹さんは過去に大麻所持で逮捕されていて逮捕時に「 決してふざけた気持ちで大麻草に向き合ってきたわけではなく、医療で困っている方のために使うことができたらという思い。それだけは信じていただきたい」 とコメントしています。

ルールを守ることより自分が良いと思ったことをして逮捕されたわけですが、給食もいいと思ったら持ち帰って再利用したらいいという自分本位な考えを見ると当時の反省は生かされていませんね。

良いことならば何故禁止というルールがあるのか、そのルールがおかしいと思うのなら正しい方法で改正するべきであってルールがある以上個人の勝手な行動は許されないことです。

男性教諭の顔画像は

給食の持ち帰りで3カ月の減給処分となったのは60代の男性教諭です。

顔画像についてはどのメディアでも現在のところ公表はされていませんでした。顔画像が発表されましたら追記していきます。


男性教諭のFacebook・SNSは


給食の持ち帰りで3カ月の減給処分となったのは60代の男性教諭です。

Facebookや他のSNSについては、現在名前の公表がされていませんのでアカウントと特定できるものはありませんでした。特定でき次第こちらも追記したいと思います。

コメント