小山市幼稚園バス[事故]高嶋厚、1歳児死亡楠エンゼル幼稚園で場所は?母親へ非難殺到!栃木県

園バス 事件・事故

栃木県小山市横倉新田の住宅地で、野口晃弘ちゃん1歳が幼稚園の送迎バスにはねられ死亡ました。

県警小山署はバスを運転していた小山市西城南の運転手、高嶋厚容疑者を現行犯逮捕しました。

園バスの幼稚園はどこなのか、事故現場、原因、母親について、楠エンゼル幼稚園の評判を調べてみました。

幼稚園バス事故1歳児死亡

18日午後3時10分ごろ、栃木県小山市横倉新田の住宅地で、近くに住む野口晃弘ちゃん(1)が幼稚園の送迎バスにはねられた。晃弘ちゃんは病院に搬送されたが、頭などを強く打ち死亡が確認された。県警小山署は、自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)の疑いで、バスを運転していた同市西城南の運転手、高嶋厚容疑者(65)を現行犯逮捕した。

 同署によると、事故当時、自宅の前で晃弘ちゃんの姉(6)がこの送迎バスから降りるのを母親(39)が出迎えていた。その際に晃弘ちゃんが自宅から出て、発車したバスの左前輪にはねられたとみられるという。高嶋容疑者は「周囲を確認せず発車してしまった」と供述しているという。

 母親は「子供が出てきているのに気づかなかった」と話しているといい、同署が詳しい状況を調べている。

Yahoo!ニュースより引用

高嶋厚容疑者について

  • 名前: 高嶋厚
  • 年齢:65歳
  • 職業:幼稚園バス運転手
  • 所属会社:楠エンゼル幼稚園
  • 在住:栃木県小山市西城南
  • 逮捕容疑: 自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)の疑いで 現行犯逮捕

高嶋容疑者は「周囲を確認せず発車してしまった」と供述しています。

事故原因は母親!?ネット上では非難の嵐

事故当時、母親が自宅の前で晃弘ちゃんの姉を迎えに行った際に晃弘ちゃんが自宅から出てきてバスの前方にいて、発車したバスの左前輪にはねられたとみられています。

母親は 「子供が出てきているのに気づかなかった」 と話しており、運転手の高嶋容疑者は「周囲を確認せず発車してしまった」と供述しています。

ネット上では母親に対する非難の声が物議をかもしています。

・ 園バスに轢かれて死亡したのは、母親が悪いよな。ウチの息子1才8ヶ月位で扉開けて外出ちゃうからそのぐらいかな。家において行くなら鍵かけないとだし、または身内が家にいて預けて行ったら子供が着いてきてたとか?

・うちの幼稚園は小さいきょうだいがいる時は、園バスが到着~発車まで必ず手を繋ぐか抱っこする事と書いてある。 この母親も一生後悔するやろな…。

・ちゃんと見てなかった母親が悪いでしょ!園バスに迎えに行って下の子の手を繋いでないなんてあり得ない

・親が悪いよね、当たり前の事やらなかったから責任があるんだよ

・普通の神経した母親なら1才児が後追いしてきたら気づくからな

・お姉ちゃん可哀想に、自分が乗ってきたバスが弟ひくとか母親のせいでお姉ちゃんの人生も狂ったな

・可哀想なのは運転手と子ども 、誰が目を離したから子どもが死んだのか、母親は被害者ではなく加害者

・子供を自分が目を離したせいでなくしてるのにお前のせいだと責められるのは可哀想だけど運転手のせいだと言い出したらそれは運転手が守られる世界であって欲しいわ

・母親が100%悪い。親を逮捕すべき。虐待と変わらん。

・1才児が母親のあとをついてきて普通気づかないわけないから普段からほったらかしにして鍵もろくにかけずに置いてくのが当たり前だったんだろ

1歳児が家から出てきているのを気付かなかったと母親は言いますが気づかないことなどあるのでしょうか、1歳の子が家の玄関という重い扉を一人で開けられることは出来ないと思いますので玄関の扉は開いていたのではないでしょうか。

母親は玄関の戸を開けたまま待っているように言って出てきたのか、昼寝をしていて起こしたくない場合もあると思いますが、事故当時バスが発車する前にはバスの前に居たことからも起きていて玄関あたりに晃弘ちゃんを置いてきたのではないかと推測できますね。

一歳ですからはじめは母親の後を追っていても途中で興味があるものに向かって走って行ってしまいますので、電車型のバスをみつけ興奮して母親ではなくバスに近寄ってしまったのかもしれません。

1歳児ですので日頃からまだ呼びかけで止まるような年齢でもありませんし、普通ならば必ず母親が手をつないだりベビーカーに乗せて行動すると思われます、それでも手をつなぐのを嫌がったり手を振りほどいて走って行ってしまうのが一歳児です。

母親も一緒に連れてきたのならば間違いなく手をつないでいたと思いますし、道路や車の近くでは気を付けていたと思いますが、家に居ると思えば手もつなぎませんし確認もしないですので不運な事故だったともいえるのではないでしょうか。

母親がきちんと出てこないような状態で家に置いてくるか、手をつなぎお姉ちゃんを迎えに来ればよかったですね。

今回の事故は運転手も子どもが前でうずくまっているとは思いもよらなかったことでしょう、しかしあえりえないような事でも発車の際には前方後方、車の下も確認をよくしなくてはいけません。

大型のバスやドラックなどは常にそのことは気を付けるように免許取得の際には言われていることですから運転手が逮捕されてされてしまうのは当然のことですが、運も悪かったですね。

事故を起こした園バスは電車をかたどってあり子どもが喜んで乗りそうなバスです、事故にあった1歳の野口晃弘ちゃんも楠エンゼル幼稚園の電車型の園バスが好きで近寄ってしまったのかもしれませんね。

あと数年したら晃弘ちゃんもこの園バスに乗ることになっていたと思われますがもう乗ることが叶わなくなってしまい悔やまれてなりません、ご冥福をお祈りいたします。

事故現場は栃木県小山市横倉新田

事故現場は栃木県小山市横倉新田(とちぎけん おやまし よこくらしんでん)。

楠エンゼル幼稚園の園バスが事故を起こしました。

周囲は畑と住宅が入り混じる地域で「県営横倉第一住宅」バス停の近くが事故現場となりました。

栃木県小山市

  • 地方:関東地方
  • 都道府県:栃木県
  • 人口:167,684人 (2020年1月1日)
  • 隣接自治体:栃木市、下野市、真岡市、下都賀郡野木町・茨城県:結城市、筑西市、古河市

楠エンゼル幼稚園の評判は

事故を起こしたのは楠エンゼル幼稚園園バスです。

事故を起こしたバスと同様のバスが他にも何台かあるようです。

楠エンゼル幼稚園のホームページ楠エンゼル幼稚園のFacebookに事故を起こしたバスが掲載されています。

楠エンゼル幼稚園はご近所からも評判も良く、園の行事や教育理念なども幼稚園に通う保護者からは安心して通わせれる、満足しているとの声が多く上がっていました。

子どもたちによりそい成長を見守ってくれるはずの幼稚園の園バスが起こした事故とあり衝撃が走りました。

楠エンゼル幼稚園に児童を通わせる保護者は「事故を起こした園バスが、うちの子通ってる幼稚園だとは…送迎どうなるんだろう」という声も上がっています。

本来ならば子どもが毎日幼稚園に楽しく通うためのバス、子どもたちのトラウマにならないか心配ですね、園はこのバスをそのまま使うのでしょうか。

報道でも電車の形をした個性的な園バスが報道されていますので、この園バスで登園する様子を見る周辺の人々は心を痛めるのではないでしょうか。

事件の進捗や情報が入り次第、追記したいと思います。(続く・・・・)

コメント