小6女児追い返したNPO法人社会還元センターグループわ男性職員はだれ?勤務中いねむり!?神戸市子ども家庭センター

小6女児追い返したNPO法人男性職員はだれ?勤務怠慢!神戸市子ども家庭センター 事件・事故

神戸市こども家庭センター(児童相談所)で 午前3時20分頃保護を求めてきた市内の小学6年の女児に対し、当直業務の男性職員がインターホン越しに追い返していた。

男性職員はNPO法人・特定非営利活動法人社会還元センターグループわに所属。

事件のあった場所、小6女児の行方、児童相談所の対応、ネットの声をまとめてみました。

児相小6女児を追い返す

神戸市こども家庭センター(児童相談所)で今月上旬の未明、親から家を追い出されたとして保護を求めてきた市内の小学6年の女児(12)に対し、当直業務を受託しているNPO法人の職員がインターホン越しに追い返していたことがわかった。女児は警察に自ら出向いて保護されたという。センターは「極めて不適切な行為だった」としている。

 センターなどによると、女児は今月上旬、自宅に帰宅した際、親から家に入ることを拒否された。女児は午前3時20分頃、センターのインターホンを鳴らし、「親から家を出された」と訴えたが、NPO法人の男性職員は詳細な状況を聞かず、インターホン越しに「警察に行って」と言い、対応を打ち切ったという。

 女児はその後、近くの交番に行き、午前5時頃、警察から連絡を受けたセンターに保護された。職員は「高校生に見え、話の内容も深刻そうには思えなかった」と話しているという。

Yahoo!ニュースより引用

神戸市こども家庭センターの男性職員について

  • 名前:不明
  • 性別:男性
  • 勤務場所: 神戸市こども家庭センター
  • 職業: NPO法人・社会還元センターグループわ
  • 職務:当直業務を請け負うNPO法人の職員

男性職員は小6女児が訪れた際インターホン越しに「高校生に見え、話の内容も深刻そうには思えなかった」とし追い返しています。

NPO法人・社会還元センターグループわ

小6女児を追い返した男性職員はNPO法人・特定非営利活動法人社会還元センターグループわに所属しています。

事件当日は神戸子ども家庭センターで当直の業務についていました。

NPO法人の場所は神戸市北区しあわせの村1番16号 神戸市シルバーカレッジ内

対応が極めて不適切とネットで炎上

小6女児が神戸市こども家庭センター(児相相談所)に訪れたのは午前3時20分頃で、男性職員は「高校生に見えた、話の内容も深刻そうに思えなかった」とし 「警察に行って」と対応しなかったと報道がありました。

深夜午前3時過ぎに女児が訪れたのなら 緊急事態だと考えるのが普通だと思います、どう捉えたら緊急性なしの判断になるのか意味が分かりません。

たとえ高校生だったとしても親に扶養されている子供には変わりませんし、2月ですので夜中はとても寒くやっとの思いでたどり着いた子どもを室内に入れ話を聞くことも無く、インターホン越しで追い返すような人物が児童相談所に勤務しているとは信じられません。

警察の対応が必要ならば、室内で暖をとらせ警察を呼ぶことも出来たのではないでしょうか、どんなマニュアルがあるにせよ児童相談所という場所でなくても夜中に子どもが歩いていたら声をかけ助けますし、職務規程云々以前に人として全ての規範に照らし合わせても最低な職員です。

小6女児を追い出すような親が何よりも一番酷いですが、子どもを救うべきである児童相談所が深夜に助けを求めて訪れた少女を追い返すなど、少女はどれだけ心細く大人に対して絶望したでしょうか、泣きながら警察を捜し夜道をさまよっていたかもしれません。

深夜3時という時間からも暗闇で独りぼっち、誰かに連れ去られていたかもしれない、服装や健康状態によったら衰弱し凍死していたかもしれません、無事警察にたどり着いたことは奇跡だったかもしれません保護され良かったですが、小6女児の勇気を踏みにじる行為であり男性職員は役立たずだと誰もが思うのではないでしょうか。

児童相談所の窓口の人間がこんな人物では防げる事案も防げません、男性職員は当直業務を請け負うNPO法人の男性職員だったということですがきちんと職務についていたのでしょうか、深夜の当直で待機勤務のような場合だったとしたら気が緩み飲酒をしていたり寝ていて対応がめんどうだったなどということもあるかもしれません。

小6女児は今回が初めて家の中に入れてもらえなかったわけでは無く、何回か過去に同じような経験をしている可能性も高いと思われます。

突然家を追い出される前にも家の中で日頃から虐待されていた可能性もあります、そんなことが起こるたび子どもながら助けてほしいとはなかなか言い出せず耐えていながらもしもの時にはと児童相談所の場所を事前に調べてあったのではないでしょうか。

小6女児は過去に児童相談所への通報の履歴などはないのでしょうか。

小6女児は警察にも行くことを考えたかもしれません、しかし児童相談所という虐待された子どもを守ってくれる場所があると知っていたのではないでしょうか、そのため警察ではなく児童相談所のドアと叩いたのではないかと思うと追い返された小6女児は行き場がないと途方にくれたのではないでしょうか。

小6女児の気持ちを考えるとどれだけ心細かったかと涙が止まりません、無事保護されて本当に良かったです。

深夜に子どもを外においやる職員やもちろん親も含め厳しく取り締まってほしいものですね。

神戸子どもセンター(児童相談所)の場所は

神戸市子ども家庭センター(児童相談)の場所は

兵庫県神戸市中央区東川崎町1丁目3( ひょうごけん こうべしちゅうおうく ひがしかわさきちょう )

JR神戸駅から徒歩5分、神戸ハーバーランドやアンパンマンミュージアムなども近くタワーマンションが立ち並び商業施設と住宅地が混在しています。

・商業施設に囲まれていますが夜はすごく落ち着いてはいます。

・バイクのミラーが盗まれたことがあり治安には不安。「バイク売ってください」の怪しい張り紙を何度か貼られたこともある。

・ 周辺は古い建物も多く決して良い雰囲気とは言えません

男性職員の対応に非難殺到ネットの声

神戸市家庭子どもセンター(児童相談所)の男性職員が小6女児が深夜3時過ぎに助けを求めに来た際、「警察に行って」と追い返した事件でネットで非難の声が物議をかもしています。

・児童相談所が児童からの相談受けずになんの仕事してんの?

・至急クビにしないとダメだわ話にならないすぎる

・ 無能すぎるよく人手不足で大変とか言えるなまずは仕事しろよ

・こういうゴミはクビにしろ

・ NPOとか言ってるがこの職員には結構な賃金が深夜割り増しで払われてるのだろうな
こんな杜撰な仕事で金貰えるなら俺もやりたいわ

・ なにかあると児童相談所は忙しいとか擁護する人が出てくるけど実際はこんなもんなんだね

児童相談所には早急に対応を改善し、適切な職務ができる人を雇うなりして改善するべきだと思いますね。

今回委託したNPO法人の男性職員には対応の仕方や適切なマニュアルを伝えていたのでしょうか。

今回は小6女児が無事だったからこの程度で済んだものの、もし子どもを追い返したことで不幸にも亡くなってしまうことがあった場合はどう責任を取るつもりだったのでしょうか。

今回の件で今後児童相談所には素早い対応と厳重な処分をだれもが望むのではないでしょうか。

事件の進捗や情報が入り次第、追記したいと思います。(続く・・・・)

コメント