嶋田えり、かわいい顔画像「コロナを安倍首相にうつす」生い立ちがヤバイ!東京渋谷区富ヶ谷

嶋田えり容疑者 事件・事故

安倍総理大臣の東京渋谷区富ヶ谷にある安倍首相私邸の庭に侵入した会社員の26歳の女、嶋田えり(しまだえり)容疑者が現行犯逮捕されました。

嶋田りえ容疑者は両親との不仲な関係が原因で逮捕されたかったと供述しています。

島田えり容疑者が首相私邸に侵入した動機、顔画像、Facebook、家族、世間の声について調べてみました。

「下に続きます・・・・」

「安倍晋三だけは許さない!」嶋田えりの殺害予告を発見!

安倍首相の私邸の庭に侵入

東京都渋谷区の安倍晋三首相の私邸の庭に侵入したとして、警視庁は4日、邸宅侵入容疑で、三重県松阪市、会社員、嶋田えり容疑者(26)=いずれも自称=を現行犯逮捕した。調べに「親に支配されるのが嫌だった。首相の家に侵入すれば、逮捕されて人生をリセットできると思った」などと供述しており、同庁が刑事責任能力の有無を慎重に調べている。

 逮捕容疑は、4日午後11時ごろ、東京都渋谷区富ケ谷の安倍首相の私邸の庭に侵入したとしている。当時安倍首相は在宅中だった。

 同庁によると、防犯センサーが作動し、私邸の警備を担当する警察官が駆けつけたところ、庭に嶋田容疑者が立っているのを発見。嶋田容疑者は壁を乗り越えて侵入したとみられる。

Yahoo!ニュースより引用

4日夜、安倍首相の私邸の敷地内に26歳の女が侵入したとして、現行犯逮捕されました。女は、ガソリンの携行缶やナタなどを持っていたということです。

捜査関係者によりますと、4日午後11時頃、東京・渋谷区にある安倍首相の私邸マンションの敷地内に、26歳の女が侵入し、邸宅侵入の疑いで警戒に当たっていた警察官に現行犯逮捕されました。女は、ガソリンの携行缶とナタ、催涙スプレーを持っていたということです。女が侵入した当時、安倍首相は私邸にいましたが、けがはありませんでした。

女は、「親子関係で悩んでいた。逮捕されれば人生がリセットされると思った」という趣旨の供述をしているということですが、警視庁は、動機や経緯について、詳しく調べています。

Yahoo!ニュースより引用

嶋田えり(しまだえり)容疑者について

  • 名前:嶋田えり(しまだ えり)
  • 年齢:26歳
  • 在住: 三重県松阪市
  • 家族:父・母
  • 職業:会社員
  • 逮捕容疑: 住居侵入の疑いで現行犯逮捕

「両親との関係が嫌になって、逮捕されれば人生をリセットできると思った」と容疑を認めています。

嶋田えり容疑者は ガソリンの携行缶やナタ、催涙スプレーを持っていたということです。

犯行現場は東京都渋谷区富ヶ谷

嶋田えり容疑者が侵入した安倍首相の私邸は、

東京都渋谷区富ヶ谷1丁目30-29 (とうきょうと しぶやく とみがや)

富ヶ谷ハイム。 家の前には警備員用のボックスがありますね。

渋谷区の西部にあり、目黒区と隣接している都心の中でも一等地、言わずと知れた高級住宅地です。

富ヶ谷周辺不動産関係者
富ヶ谷周辺不動産関係者

安倍首相邸はもともとはお父さんの故安倍晋太郎元外務大臣の豪邸をマンションにしたそうです 。

安倍首相は首相官邸に住まずこの富ヶ谷の自宅に住んでいるのですが理由は愛犬ロイ(ミニチュアダックスフンド)が官邸だとなぜかよく吠えるからなどの理由で、富ヶ谷の私邸に普段から住んでいるようです。

安倍首相の私邸周辺には公安の警備が居ますし、富ヶ谷では普段から警察や警備の人がとても多く物々しい感じがあります。

  • 都心でも有名な一等地、高級住宅地に位置するだけあり住人も非常に落ち着いた品の良い方が多く、家族もたくさん住んでいます。
  • 徒歩数分で代々木公園があったり、オシャレか子供オーケーなカフェがある等、良い点は数えきれない
  • 安倍首相の他にもユニクロ創設者の社長、楽天の三木谷社長、堺正章さんなど各業界のトップに立つような人から政財界の大物などが住んでいる地域です。

東京都渋谷区富ヶ谷
  • 都道府県:東京都
  • 地方:関東地方
  • 地域:代々幡地域
  • 人口: 8,876人(2017年12月1日)
  • ナンバープレート : 品川

嶋田えり容疑者について世間の声は

ツイッターの声
  • 安倍首相の私邸にナタ持って入り込む女が本当に親子関係で悩んでるのか?
  • マスクが早く欲しかった人ですかね…
  • 三重からわざわざ来て安倍の家と知らないはずないべ
  • リセットどころかマイナスからのリスタートでおもろい
  • 安倍首相私邸って案外すぐ入れるんやな
  • 侵入できたことが凄いそんな簡単なの?命狙われてたらやばいな。
  • フル装備で侵入して安倍首相住んでるの知らなかったは草
  • コロナウイルスを安倍首相私邸にぬりたくりにきたんじゃね?
  • 安倍邸をドラクエの転生する神殿と勘違いした説

「安倍晋三だけは許さない!」嶋田えりの殺害予告を発見!

嶋田えり容疑者の犯行動機は


嶋田えり容疑者は 「両親との関係が嫌になって、逮捕されれば人生をリセットできると思った」と容疑を認めています。

人生をリセット・・・そんな事出来ないのは子どもでも分かることですよね。

コロナウイルスが流行し人々は自宅にこもり感染に怯えている日々のなかで、何を考えているのでしょうか。

両親との関係が嫌だったにしても、自立するなり距離をおくなりいくらでも環境を変えることで解決するはずなのに、首相私邸の壁を乗り越える必要があったのでしょうか。

嶋田えり、ネットに殺人予告「安倍晋三を成敗する」個人情報特定!三重県から特攻首相殺害

嶋田えり容疑者の行動に対しネット上では人生のリセットが目的でなく「日本のリセット」。

コロナ感染が拡大していく中で思いつめた嶋田えり容疑者が日本の状況を変えるために安倍首相を狙い侵入したということもありえると物議をかもしています。

嶋田えり容疑者は「安倍首相の私邸とは知らなかった」とも供述しています。

実際のところはどうなのでしょうか、近所の住宅に侵入し逮捕されようと思った場合とは違い、安倍首相の私邸に侵入するという事は相当な警備をすり抜ける必要があったと思われます。

しかも安倍首相は在宅していたとのことですから相当厳重だったはずではないでしょうか。

逮捕されたいと思い他人の家に侵入するには警備されている家に侵入するという理屈は分かりますが、日本一レベルの警備体制の首相私邸に一般人が侵入できてしまったのなら警備体制の方に問題があるのではないかと思ってしまいますね。

嶋田えり容疑者はコロナ感染者で安倍首相を狙った?

不可解すぎる行動に「コロナに感染していて安倍首相に移しに行った」などと信ぴょう性のない噂も飛び交っています。

嶋田えり容疑者は逮捕された際、 ガソリンの携行缶とナタ、催涙スプレーを所持していたと警察が発表しています。

これだけの凶器を所持しながら「両親との不仲で逮捕されたいと思った」だけで行った犯行とは到底思えませんよね。

そもそも逮捕されたいだけなら色々な方法があると思いますが、わざわざ三重県松坂市からやってきてたまたま侵入した家が安倍首相私邸だったなど苦し紛れにしてもお粗末すぎて、ほかに何か言えただろうと突っ込みたくなるほどの言い訳ですね。

もう侵入した場所が安倍首相私邸という事は知っていたという前提があったならば、この私邸に住んでいる安倍首相、安倍昭恵夫人を狙った犯行ではないかと誰もが思うのではないでしょうか。

嶋田えり容疑者の生い立ちは

両親との関係がうまくいかないというのが犯行動機で本当だったとしたら、26歳という年齢ですが親に依存した生活を送っていたのではないでしょうか。

引きこもりの可能性もありますが、ニートのような生活をしていたとしたら収入も不安定な可能性もあります。

コロナ感染危機になった状況で生活も苦しくなってきた親から仕はずではないでしょうわれ家で居場所が無くなり、居づらくなったため逮捕され刑務所に入りたいとでも思ったのでしょうか。

「安倍晋三だけは許さない!」嶋田えりの殺害予告を発見!

もしくは両親との確執は嘘で、はじめから安倍首相や政治に不満があり新型コロナ対策の対応で不満が爆発したのかもしれませんね。

両親や友人にはこの行動に至る前に相談することはなかったのでしょうか、自称会社員ですから同僚もいたはずですのでもし周囲に嶋田えり容疑者と関わる人物が異変に気付き止めることが出来なかったのでしょうか。

嶋田えり容疑者の家族構成

嶋田えり容疑者は両親との不仲を動機に上げていることから、それが事実だった場合は母親と父親は居るという事になります。

他にもきょうだい祖父母などもいるかもしれませんね。

嶋田えり容疑者の家族構成は現在特定できていません。

嶋田えり容疑者の家族構成分かり次第、追記していこうと思います

嶋田えり容疑者の顔画像は

安倍首相私邸の住居侵入で逮捕されたのは嶋田えり容疑者です。

嶋田えり容疑者の顔画像についてはどのメディアでも現在のところ公表はされていませんでした。

顔画像が発表されましたら追記していきます。

嶋田えりの殺害予告を発見!ネット民の通報むなしく侵入された

嶋田えり容疑者のFacebook・SNSは

安倍首相私邸の住居侵入で逮捕されたのは嶋田えり容疑者です。

Facebookや他のSNSについては、同姓同名のアカウントはありましたが容疑者のアカウントと特定できるものはありませんでした。

特定でき次第こちらも追記したいと思います。


事件の進捗や情報が入り次第、追記したいと思います。(続く・・・・)

コメント