[火事]とんかつ「まるとし」焼身自殺か他殺か?店主若山太郎さん、遺書が無い東京練馬区

若山太郎 事件

東京都練馬区のとんかつ店「まるとし」が火事になり店主若山太郎(わかやまたろう)さんが死亡しました。状況から焼身自殺の可能性を調査中ですが、遺書も無く保険金目当ての他殺との噂も。

店長若山たろうさんはだれで場所はどこか、火災の原因や自殺理由、家族、世間の声、顔画像Facebook、SNSについて調べてました。

下に続きます・・・


大阪電子専門学校、マスクなし懲戒処分は誰?「経営悪化で自主退社狙った」

火事とんかつ店「まるとし」とんかつ店主自殺

4月30日夜、東京都練馬区のとんかつ店で火災があり、店主の男性(54)が全身やけどで死亡した。男性は東京オリンピックの聖火ランナーに選ばれていた。新型コロナウイルスの感染拡大で大会は延期されたうえ、店も営業縮小に追い込まれ、先行きを悲観するような言葉を周囲に漏らしていた。遺体にはとんかつ油を浴びたような形跡があり、警視庁光が丘署は出火の経緯を慎重に調べている。
 30日午後10時ごろ、同区の鉄筋ビル3階建ての1階に入るとんかつ店から出火した。煙に気づいた近所の住民の119番で消防隊員らが駆けつけると、床と壁の一部が焼けており、客席付近で男性が倒れていた。搬送先の病院で、約1時間半後に死亡が確認された。同署は現場の状況から男性が油をかぶった可能性があるとみているが、遺書は見つかっていないという。
 近隣住民の話や地元ケーブルテレビのインタビュー番組によると、とんかつ店は創業50年の老舗で、男性は3代目の店主だった。埼玉県戸田市で生まれ、中学生の時に東京都板橋区に引っ越した。地元の高校を出て、法政大の夜間学部で経済学を学び、昼間はアルバイトで学費をためた。卒業後は慶応大にも入学。日本大大学院で修士課程を修了した後、妻の実家が営んでいた店を継ぎ、夫婦二人三脚で切り盛りしてきた。商店街の行事で中心的な役割を担うなど、地域への思いも強かったという。
 男性の趣味はマラソンだった。2005年に都内の市民マラソンに初めて参加し、ゴール地点で3人の娘に迎えてもらった。全国各地の大会にも参加するようになり、娘たちから手作りの表彰状をもらうのが楽しみだったという。
 19年12月には五輪の聖火ランナーに選ばれた。男性はフェイスブック(FB)で「申し込みの文章を妻や子どもたちに何度も添削してもらった。夢のようだ」と喜びを語っていた。今年7月18日に練馬区内を駆け抜けるはずだった。
 ところが、新型コロナの感染が世界中で広がった。五輪開催が危ぶまれるようになった3月に入ると、FBに「聖火が新国立競技場に届くことを願わずにはいられない」と投稿。延期が濃厚になると、周囲に落胆の色を見せるようになった。一方で「店で今日も明日もお客様を迎えられることに感謝しながら、料理を作り続けたい」と前向きな投稿もあった。

 3月下旬に五輪延期が決定し、4月7日には政府の緊急事態宣言が発令された。都による飲食店の時短営業の要請を受け、男性も13日から臨時休業に踏み切った。「働くのが大好きで、定休日も設けず家族旅行に行くのも数年に1度で、30年弱働いてきた。自問自答しているが、感染予防に徹したい」とFBに書いた。持ち帰りのみの営業で急場をしのごうとしたが、60代の知人には「コロナが収まらないと、もうどうやったってだめだ」と嘆き、29日には「店をやめたい」と漏らした。商店街関係者(78)は元気のない男性のことを心配し、火災当日の30日に練馬区役所に対応を相談していた。「皆から慕われていた。なんでこんな結果になってしまったのか」と悔やんだ。

男性は28日、FBへの最後の投稿で、店舗の再開に向けて必要な消毒液が手に入らないことに触れ、「また振り出しに戻った」と先が見通せない苦しさを吐露した。この頃には5月6日までとされていた緊急事態宣言の延長が取り沙汰されていた。文末には「あなたの命を、家族を、大切な人を、社会を守るため、感染拡大を食い止める。その言葉を改めて心に刻みました」とつづった。 家族は毎日新聞の取材に「頭の中の整理が追いついていません」と話した。

毎日新聞より引用

店主、若山太郎さんについて

人気とんかつ店「まるとし」火災で死亡したのは店主の若山太郎さん

  • 名前:若山太郎 (わかやま たろう)
  • 年齢:54歳
  • 性別:男性
  • 職業:とんかつ店経営3代目
  • 店名:まるとし
  • 在住: 東京都練馬区
  • 家族:妻、娘3人、(4人家族)
  • 死因:全身やけど

夜とはいえ東武練馬駅からすぐ近くでの火災ですから、自粛中とはいえ多少は人通りもあったでしょうし周囲の人も驚いたのではないでしょうか。

店主若山太郎さんの顔画像は

人気とんかつ店「まるとし」火災で死亡したのは店主の若山太郎さんです。

「いつも明るく、勉強に経営に熱心でおいしいトンカツを揚げてくれる、お客にも笑顔で話しかけるひとだった」(常連客)

火災現場は、東京都練馬区北町2丁目

人気とんかつ店「まるとし」で火災が起き店主の若山太郎さんが死亡したのは

東京都練馬区北町2丁目36−3

最寄り駅は 東武東上線 「東武練馬駅」から徒歩2分、駅前商店街の一角に店舗がありました。

  • とんかつ「まるとし」は地元や全国からファンが集まる人気の店舗として有名なお店でした。
食べログから引用

店主若山太郎さんは焼身自殺?他殺?

人気とんかつ店「まるとし」火災が起き店主の若山太郎さんが死亡しました。

報道では

  • 店主若山太郎さんが油をかぶった可能性があるとみている
  • 遺書は見つかっていないという
  • 28日消毒液が手に入らず「また振り出しに戻った」話す
  • 29日「店をやめたい」 と60代知人に話す

商店街関係者(78) は「皆から慕われていた。なんでこんな結果になってしまったのか」 とコメントしていました。

新型コロナによる緊急事態宣言のなかでどの飲食店も苦渋を強いられる中、既に倒産や破産という事態に追い込まれている飲食店も多くあります。

自分が愛情込めてとんかつを揚げ長年築き上げてきたお店の経営が行き詰まればつらかったと思いますが、命を落とすことだけは止めてほしかったですね。

経営が回らなくなったらと自殺をはかり保険金を手に入れたところで夫婦二人三脚でやっと営んできた店です、店主の若山太郎さんが居なくなってはお店の継続は困難ではないでしょうか。

奥さんや娘さんも大変悲しんでると思いますし、このコロナ感染を乗り切った後どう暮らしていくか悩んでいるのではないでしょうか。

個人の飲食店はフランチャイズとは違い家賃も食材の仕入れもすべて自分達で行いますので、時に借金をして営業している店などはテレビの取材でも「営業自粛や短縮により売り上げが減り生活も出来ないが、店の借金の返済のめども立たない」と嘆いているお店が多くあります。

とんかつ「まるとし」も個人店ですから多額の借金もあった可能性もあるかもしれませんね、そうなると店を存続出来るだけの売り上げでは到底足りなかったのかも知れません。

とんかつ店「まるとし」は商店街の中にあり、商店街の人からも慕われ信用も厚かった事から、 銀行ではなく商店街からお金を借りていたかもしれません。

緊急事態宣言が出てから飲食店やどこのお店も売り上げは下がる一方で、だれもが国からの支援を待ち望んでいますが対応が遅く、店主の若山さんは責任感の強い人といわれていましたからもしかすると保険金で支払いや、家族に生活をしてもらおうと自殺をしてしまったのかもしれませんね。

しかし生活苦で自殺し保険金で何とかしてほしいと思えは残された妻に「保険金で返済を」など、家族へ対しても何かしら遺書を残したのではないかと誰もが思うのではないでしょうか、しかし遺書はありませんでした

もしかすると店主の若山さんは、コロナ感染で自殺者が増えてることを逆手にお金のトラブルで焼身自殺にみせかけて他殺された可能性もあるのではないでしょうか。

西山優希容疑者「コロナで生活苦」不動産勤務林千晶さん刺し強盗

店主の若林さんは聖火ランナーにも応募し当選していて、東京オリンピックでは念願の聖火ランナー走ることも決まっていました。

家族総出で応募の内容を検討し当選し喜んでいた若林さんですので、延期になったとは言えいつかオリンピックが開催され聖火ランナーとして走れることを夢見ていたはずですから、未来に希望がある人が自殺する可能性は低いような気もしますね。

地元商店街からの店主若山さんの評判は

人気とんかつ店「まるとし」で火災が起き店主の若山太郎さんが死亡しました。

「商店街組合の人は店主の若山さんのことを慕っていた」と商店街組合長さんはテレビインタビューで話していましたが、実際は商店街組合と店主の若松さんの仲は悪かったのではないでしょうか。

「法政大、慶応大、日本大大学院という学歴を鼻にかけていた」「他の店に対し上から目線で経営について偉そうにアドバイスをしていた」「自分の店がつぶれることになり高いプライドがへし折られて自殺したんじゃないか」と一部の商店街の人からの声もあるそうです。

西山優希容疑者「コロナで生活苦」不動産勤務林千晶さん刺し強盗

店主の若山さんが慕われていたと言いうことを信じたいですが、「若山さんは消毒液を一本も買えず店が営業できないと嘆いて落ち込んでいた」と組合長さんが話していましたが誰も分けてくれなということですね。

自殺するまで、商店街のだれも若山さんを助けてくれる人がいなかったのは事実ではないでしょうか。

ネットコメント
ネットコメント

年より商店街連中を見下してたから、困った時も助けてもらえなかったんだろうな。消毒液一本分けてもらえないのに何が慕われていたなんだろうか。商店街の人が助けたくなくなるほど過去に何をしたんだ?

ツイッターコメント
ツイッターコメント

ネットで消毒液を買い占めするやつがいるから必要な人が手に入らなくて自殺者まで出たの?商店街の人は商売してるんだからみんな慕ってたって言うでしょ。悪口言ったら自分の店に影響するに決まってるんだから。

焼身自殺で残された家族は

人気とんかつ店「まるとし」で火災が起き店主の若山太郎さんが死亡しました。

店主の若山さんは妻の実家であるとんかつ屋の三代目になり受け継いでいました。

家族構成
  • 若山太郎
  • 長女
  • 次女
  • 三女

常連客は「店主は仕事に真面目、客には愛想がいいしけど奥さんには厳しかった」「店主の学歴の話しを何度も聞いたな」

周囲には仲良く見せているようでも、夫婦間では店主の若山さんの力が強く奥さんに対してモラハラ気質なところがあったのかもしれませんね。

店主の若山さんの学歴ではどこでも就職できそうですが、奥さんと結婚し嫁の実家のとんかつ屋を継いでくれたという恩があって奥さんも控えめだったのかもしれません。

夫婦二人三脚でやってきたのですからお店の経営難を奥さんも分かっていたはずです、店主が自殺するかもしれないと気づいていたのではないでしょうか。

噂通りなら店主の若山さんが言う事に今まで従ってきたため、若山さんが自殺を決めた時に家族は自殺を止めることをしなかった可能性もあるかもしれませんね。

夫婦二人三脚で切り盛りしていたとんかつ屋ですが、仕事をほぼ休まず30年間続けてきた店主の若山さんにとってはお店は命で、店がつぶれるという事はまさに命が終わってしまうというような気持になってしまっていたのかもしれません。

今は辛くても耐えて耐えてでも、命だけは守ってオリンピックの聖火ランナーで走る姿を家族に見せてほしかったですね、若山さんのご冥福をお祈りします。

とんかつ店「まるとし」若山太郎店主へ世間は怒りの声

人気とんかつ店「まるとし」火災で死亡したのは店主の若山太郎さんです。

世間では火災は自殺のためとの見解が多く若林さんの取った行動に非難と、支援の遅さに物議の声が上がっています。

ネットの声
ネットの声

真面目な人で先の見えないこの状況に思い悩んでしまったんだと思う。しかし世の中いまみんなが同じ状況の中で、妻や子どもを残して自殺というのもおいて行った後のことは考えなかったのか。

商店街60代女性
商店街60代女性

若林さんが自分で自殺するかしら。落ち込んではいたけどみんなそうだしそんな自殺するほど思い悩んでいるようには見えなかった。確かに大変な時だけど商店街の人はそれでも力を合わせていたし、奥さんも大変な中でもにこやかに頑張って働いていたのに、突然こんなことになってびっくりした。

周辺住民40代男性
周辺住民40代男性

みんな切羽詰まった状況で今を過ごしている中、確かにつらいのは分かるけど、自殺するのに火事なんて迷惑な話。まだみんな一生懸命生きようとしている中で家事が燃え移り家や店を失って巻き添えになってたらどうしてくれてたんだ!

西山優希容疑者「コロナで生活苦」不動産勤務林千晶さん刺し強盗

ネットの声
ネットの声

消毒液が買えなかったら自殺したのか?だったら若林さんを殺したのは転売ヤーだな!転売ヤーども考えろよ!お前たちが数百円の金が欲しいためにこうやって本当に必要な人が買えずに追い詰められて自殺してるんだぞ!お前が殺したのと同じだ!

店主若山太郎さんのFacebookは

人気とんかつ店「まるとし」火災で死亡したのは店主の若山太郎さん。

Facebookは友人だけに公開されていて見ることは出来ませんが、Facebookで日頃のお店の様子や聖火ランナーになったことを喜ぶコメントが書き込まれていたそうです。

新型コロナの犠牲者ともいえるのではないでしょうか、コロナによる経済悪化の状況でこのような事態が起きるのではないかと懸念されていましたがとうとう事件が起きてしまった感じは否めません。

大人気店で遠くからもお客が来ていたというとんかつ店「まるとし」の店主若山太郎さんのご冥福をお祈りいたします。

コメント